猫ちゃんの体調管理は、どのような方法で行っていますか?

毎日一緒に過ごしていても、猫ちゃんの体調不良は分かりにくいものです。

人間同士であれば言葉で伝えることが出来ますが、猫ちゃんは態度で表すことしか出来ません。ですから、猫ちゃんの様子に違和感を感じたら、それはもしかしたら猫ちゃんからのサインなのかもしれません。

猫ちゃんの健康を守るためにも、サインをしっかりと受け止めてあげてくださいね。

猫ちゃんの体調管理に必要なポイント

猫ちゃんの体調管理をするには、様子を観察することが一番です。

とはいえ、漠然と眺めていれば良いというわけではありません。チェックするポイントを絞って病気の有無を見極めましょう。

排便はもっともわかりやすいサイン

猫ちゃんの体調を知るために、なんといっても分かりやすいのは排便です。

人間でも、便を毎日の健康チェックの要にする方は多いでしょう。

排便は健康のバロメーターなのです。

便秘や下痢はしていないか、血液や異物が混じっていないか、排便をしっかりとチェックするようにしましょう。便秘や下痢も、すぐに治まるものならば心配は少ないのですが、長く続く場合には特に注意が必要です。

嘔吐の中身や回数をチェック

猫ちゃんは、人間と比べてよく嘔吐をします。

原因は早食いであったり、毛づくろいの際の毛玉を吐き出したりと様々なので、嘔吐イコール病気というわけではありません。

しかし、食餌や毛玉以外の液体であったり、血液が混ざっている場合には病気の可能性があります。

嘔吐しやすいものだからと見逃さずに、中身と回数はしっかりとチェックし、異常がある時にはすぐに受診するようにしましょう。

顔のチェック

猫ちゃんの体調不良は、顔にもしっかりと表れます。

一見元気そうに見えても、よく見てみると顔の様子が違うことに気づくでしょう。

ブラッシングなどする時には様子をしっかりと見るようにしましょう。

・目ヤニが出ていたり、目が濁ったりしていないか

・耳垢が出ていたり、耳の臭いがきつかったりしないか

・鼻が乾いていないか、口臭はしないか

以上のチェックで異常があるようならば、病院へ相談するのも良いでしょう。

病院へ行くか迷った時には

いくつかのチェックをしてみても、病気がどうかを判断するのは難しいですよね。

「様子がなんとなくおかしいけど、病院へ行くほどじゃないかも」

明らかな症状が出ないと、病院へ行くのは躊躇してしまうこともあるでしょうし、夜間だとなおさら不安でどうしたら良いかわからなくなることもあるでしょう。

そんな時は、病院へ行く前に電話で相談してみると良いでしょう。

現在は、ペットのお悩み相談や、獣医師へ相談できるサイトというものがあります。

方法は電話であったり、悩みを入力したりといくつかあるのですが、24時間対応してくれるところもあるので、病院へ行くよりも気軽に利用することが出来ます。

相談してみて、その上で病院を勧められたら迷わず行くことが出来ますよね。

普段から、どのようなサイトがあるのかチェックをしておいて、いざという時にすぐに連絡が取れるようにしておくと安心です。

まとめ

猫ちゃんは体調不良を隠す動物です。

そのため、どうしても気づきにくいところがありますが、ポイントを押さえてこまめにチェックすることで、早めに対処することは可能です。

スキンシップの一環として、猫ちゃんを見て、ふれあって、不調のサインを見逃さないようにしたいものですね。